ディアゴスティーニの「自衛隊DVDコレクション」第9巻は第一空挺団50年の物語

ディアゴスティーニの「自衛隊DVDコレクション」の第8巻と第9巻が届いた。
第8巻は「真実のイージス “最強の盾”を支える男達」。
WACの2005年の作品で、イージス艦「こんごう」の艦内に初めてテレビカメラが入って密着取材を行ってる。
そして第9巻は「落下傘の絆 第1空挺団創立50周年」。
創立50周年?って思ったら2008年の作品だった。
てゆかオレこれ昔に見た覚えがある。
ちなみに、オレの中で「レンジャー」のイメージは「野生の証明」の松方弘樹だ。
角刈りの角度がスゴい二等陸佐だった。

本作は第一空挺団50年の歴史を紡いだ作品だ。
始まりは1954年にまでさかのぼるから、記録フィルムも当然白黒フィルムになる。
1954年に福井県の香椎アメリカ軍キャンプで最初の隊員たちが訓練をはじめ、同年20名が初降下。
そして、1955年には習志野での訓練が開始される。
習志野のシンボル的な降下塔ができたのは1958年。
訓練施設が整っていく様子も記録フィルムから見て取れる。
そして1958年に日本唯一の空挺団「第一空挺団」が編成される。

「空挺」って言葉は日本陸軍の造語で、主力部隊から先んじて展開することを意味する「挺進」と「空中輸送」が合わさったものだ。
そして降下には2つの種類ある。
1つは「空挺降下」。
敵の後方に大部隊で落下傘降下し、正面の味方部隊と協同して敵を挟撃する。
「用意、用意、用意、降下、降下、降下」の号令とともに、輸送機から空挺隊員たちが次々と飛び出してくる。
次々と大空で開く円い落下傘は美しいもんだ。
そしてもう1つは「自由降下」。
こっちは敵地の奥深くに潜入し、敵を攪乱妨害することが目的になる。
高い高度から自由落下で接近し、地上近くで落下傘を開いて潜入する。
使用する落下傘は、滑空性能に優れた長方形のスポーツタイプ。
そう、まさに「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」の世界だ。

本作では空挺レンジャー教育課程についても触れられてる。
訓練終了と同時に、仲間と拳をぶつけながら大の大人が泣いてる。
それだけ厳しい訓練だったんだろう、うれしいんだろう。
ホントに頭が下がる。
そんな男たちの姿を見て、涙腺が激しく弱えオレも思わず便乗して泣いちまった。


レンジャーき章はのデザインは月桂樹(=勝者の証)を抱いたダイヤモンド(=しっかり磨かねえと輝きが出ない)。

彩りも鮮やかなファミマの「チャーシューのっけごはん」を買ってみた。

小腹がすいたんで、ファミリーマートにメシを調達しに来てみた。
弁当コーナーを眺めていて目に入ってきたのが、新発売の「チャーシューのっけごはん」だ。
「丼」じゃなくてのっけごはん。
なんか軽くメシ食いてえなって思ってた、今のオレの食欲中枢に刺さる言葉だ。
税込348円とサイフにも優しい。
パンか米か麺かと聞かれたら米派のオレ(ただし米と麺の二択はスゲー迷う)は、迷わずコイツを手に取ってレジに向かっていた。

ごはんの上にいろいろと具材が乗ってる。
メインはやっぱチャーシューだな。
醤油だれをあえたもので、あっさりとした和風味だ。
その周りには野菜たち。
キャベツは削り節があえてあって、和風味にあふれてる。
そして、ニンジン、インゲンのナムル。
ここらへんはごま油が効いててうまい。
それからボイルしたブロッコリーに赤ピーマン。
あとは輪切りのゆで卵が半個分だな。
和風なのか韓国風なのか洋風なのかよくわからん。
だけど彩りもいいし、オシャレな器に入れたらきっとカフェ飯としても通用すると思うぜ。
チャーシューも一口サイズにカットされてるしな。
……まあ、オレにカフェ飯が似合わねえのは自覚してる(ドンブリ飯の方が似合うだろうな)。

とは言え、小腹を満たしたい今のオレには最適解だ。
5月7日に販売開始したばっかの新商品らしいんで、店で見かけたら手に取ってみて欲しい。


もやしを軽く炒めてコイツをかけてやると、いい酒のつまみになるんだ。

【Forza Horizon 4】スコットランドの浜辺にマスターチーフがいた。

Xbox One Xに同梱されていた「Forza Motorsport 7」と「Forza Horizon 4」。
Forza Motorsportと言えば、Xboxプラットフォームの代表的なレースシミュレーションゲームだ。
その1作目は、2005年に初代Xbox向けにリリースされている。
Forza Horizonはそのスピンオフ製品で、こっちはレース場ではなく公道が舞台になる。
Xbox 360ユーザーでもあったオレだが、実はどっちも遊んだことがねえ。
理由はレースゲームに興味がないからだ。
なぜ興味がないかと言うと、オレはリアルにクルマの運転がヘタだ。
どんなに運転がヘタでも、操縦してるドライバーはクルマに酔わないって言うが、オレは山道だと自分で自分の運転に酔う。
昔、オレの運転で比叡山に遊びに行った時、延暦寺にうまいそば屋があるってんでみんな楽しみにしてたんだが、現地に着く頃にはオレを含めた全員がオレの運転に酔ってた。
この場合の「酔う」は「酔いしれる」の「酔う」じゃねえぞ。
そんなわけで、何も食わずにお参りだけして帰ってきたことがある。
もちろん下山は「てめー助手席に座ってろ」と言われた。
オレのクルマなのに。

ガキの頃はメガドライブで「バーチャレーシング」とか遊んでいたが、大人になってから、つーかクルマを運転するようになってからは、レースゲームをやらなくなった。
ただForza Horizonはレースと言うより、広いオープンワールドをのんびりとドライブできそうなんで、インストールしてみることにした。
景色も美しいと聞く。

Forza Horizon 4の舞台はイギリス・スコットランド地方だ。
この街で開かれるフェスティバル「HORIZON FESTIVAL」にプレイヤーは参加し、街の公道や工場などで開かれるレースに参加する。
海外だから右側通行だと思って右側走ってたんだが、イギリスって日本と同じ左側通行なんだな。
正面衝突しかけて慌ててハンドルを切った。
世界的に元々は左側通行で、ナポレオンに征服された国は右側通行になったって話を効いたこともあるんだが、だったらアメリカはなんで右側通行なんだ?って思った覚えがある。

そしてこのゲーム、四季があって美しい。
夏からスタートして、秋、冬、そして春。
スクリーンショットが撮れるフォトモードもあるから、美しい風景と美しいクルマを好みのアングルで映像を収めることができる。
オープンワールド&マルチプレイなんで、街中には他のプレイヤーが操るクルマもいっぱい走っている。
最初、慣れない操作にぶつかりまくって、ホント申し訳ねえ気持ちでいっぱいだったんだが、夏から春までのワンシーズンを過ごすまでの間は、全部AIが操縦するクルマだった。

人口密度が高い城下町もあるんだが、オープンワールドのほとんどはのんびりとした田舎の風景が広がっている。
山であったり、湖であったり、そして海岸を沿うように作られた道路。
そんな景色をのんびりとドライブするのが楽しい。
たまに屋根の上に賞金ボードが乗ってたりするんで、そんな時は近くの坂をチョッカってジャンプしてぶっ飛ばす。
ゲットできる賞金よりクルマの修理代の方が高くつくと思うんだが。

フェスティバルで行われるレースの中には、マスターチーフになってコヴナントを振り切りながら脱出を試みるなんてのもある。
そう、HALOに出てくるあのマスターチーフだ。
異様にテンション高え海兵隊員たちと共に脱出ポイントを目指す。
チーフ、あんた地球で何やってんだ?

このゲーム、実在するいろんなメーカーのいろんなクルマに乗れるのも魅力なんだが、なんとUNSC軍のワートフォグにも乗れちまう。
意外と走り心地はよくって、オレが気に入ってるクルマの1つだ。
公道を走るもよし、野山を駆けまわるもよし、買い物に港町に出かけるもよし(定休日だったが)。
意外とForza Horizon 4の暮らしは楽しい。


こういうガチのマスターチーフコスプレ欲しいな。