「ポプ弁」の新作「四川風麻婆たれ焼きチキン弁当」は花椒でシビれるウマさだ。

今日はがっつりメシを食いてえなと思って、ポプラに「ポプ弁」を買いに来た。
ポプ弁はメシが詰められてねえ状態で店頭で売られてる。
つまり弁当の中にはおかずだけが入ってるだけだ。
好きな弁当を選んで持ってレジに持っていきゃ、レンジで温めてくれた後に炊飯器からメシをよそってくれる。
メシは国産米で各店舗で炊いているから、普通のコンビニ弁当とはうまさが違う。
おかずはシンプルで、メインの惣菜+ポテトサラダ+漬物って感じだな。
メシの量は小盛200g、普通盛250g、大盛350g、特盛450gの4段階から選択できる。
特盛を選んだ時だけ、追加料金50円が必要だ。
今回もオレは特盛をチョイスした。

いつも思うんだが、特盛の破壊力はスゲえな。
手に持っただけでずっしりとした重みを感じる。
片側だけ重えから持ったときのバランスは悪い。
これがこれからオレの腹ん中に入るんだぜ。

今回選んだ弁当は新作の「四川風麻婆たれ焼きチキン弁当」(税込580円)だ。
鶏もも肉に四川風の麻婆ダレを絡めて焼いてある。
鶏肉はデカ目にカットされてるから、1つ1つも食い応えがあるな。
ここに別添の花椒をぶっかけて食う。

最近「花椒」っていろんなとこで見かけんだがはやってんのか。
初めてコイツを見たときは読み方がわかんなくて、「カショー?」とかオレ言ってた。
「コショウ」の親戚かよって感じだが、正しくは「ホアジャオ」と読む。
これ掛けて食うとピリピリと舌がシビれんだよな。
少量ぶっ掛けただけでもうオレの舌はマヒしてる。
麻婆ダレの味は花椒のピリピリで上書きされちまったんでよくわかんねえが、おかずとしてはメシが進むいい組み合わせだと思うぜ。

値段は弁当が580円に特盛追加で50円。
ワンコインじゃ収まらなかったが、たっぷりとコメを食って腹いっぱいになれたんだから幸せだ。
午後の仕事が睡魔との戦いにならねえことを祈る。


S&B 花椒(パウダー) 12g×5個
エスビー食品
売り上げランキング: 25,073

たまにマーボー豆腐に入れてみてる。