伊丹空港の前泊には朝メシがうめえ「サクラスイート大阪十三」でだし茶漬けを食う。

伊丹発の早い便で東京に向かう必要があったんで、前日は前泊することにした。
もちろんホテル代は自腹だが、せっかく自腹で泊まるんならホテル泊を楽しみてえ。
そんな時、オレは阪急十三駅近くの「サクラスイート大阪十三」に泊まることが多い。

十三から伊丹空港までは、阪急電車で急行に乗って蛍池駅まで10分程度、そこからモノレールで大阪空港駅まで約3分の距離だ。
伊丹空港周辺にももちろんホテルはあるんだが、ここのホテルは値段の割にファシリティもアメニティもサービスもスゲーいいんだ。

部屋は19㎡のダブルルームが8室、22~25㎡のツインルームが15室。
今回泊まったのはツインルームだ。
20㎡を越えてるとベッド2台置いても部屋に余裕あるな。
ベッドは高級ホテルでも御用達のシモンズベッドだ。

部屋のテレビはデッカいサイズの50インチだ。
オレは地上波はあんま見ねえんだが、VOD料金も宿代に含まれてるんでそのまま見れる。
もちろんアダルトもそのまま見れる。
ここのVODは前に紹介した「ホテルノース大阪」と同じだな。
このタイプのVODは番組数が多くて助かる。

風呂は標準的なビジネスホテルのサイズと比べるとちょい広い感じだが、残念ながらセパレートじゃねえ。
だがバスソルトが2種類置いてあって、夜と翌朝の2回楽しめる。

シャンプーやボディスープもフランスの化粧品会社エラバシェの商品だ。
これ結構高えよな。

ファシリティやアメニティもいい感じなんだが、何よりもオレが気に入ってるのが朝メシだ。
朝メシも宿代に含まれてる。
1Fの朝食会場はあんまり広くねえんだが、このホテル自体23室と広くねえ上に時間は予約制になってる。
チェックイン時に6時から10時までの間、1時間単位で選ぶことができる。
オレは今回6時を選択したんだが、利用客はオレしかいなかった。
ホテルの人に聞くと、やはり7時や8時の利用者が多いらしい。
料理はバイキングスタイルで、和食・洋食の両方に対応してる。
オレは和食メインで皿に盛ってったが、パンの種類もなかなか豊富だ。
オレの楽しみは「だし茶漬け」を作ること。
温かいだしが用意されていて、ごはんにネギやかつお節、昆布を乗せてぶっかけりゃ、優しいだし茶漬けが出来上がる。
オレしかいねえもんだから、ホントにゆっくりとした朝メシの時間を過ごすことができた。
食後のデザートにプリンとヨーグルトを食って幸せな時間を閉めた。

オレは利用したことがねえんだが、18時から21時までは朝食会場をラウンジとして開放してる。
しかもアルコールと軽食のサービスまでやってるそうだ。
ホテルの案内を見たら、アルコールはワインらしい。
ワイン好きにはたまんねえだろうな。
それでいて、この日のツインルームの値段は旅行サイト経由で8,400円。
1万円もしねえ値段でここまでのサービスを受けることができるんだから驚きだ。 伊丹空港前泊を考えてる獣人は、ここも候補に入れてみて欲しい。


[amazonjs asin=”B00YOXN9RA” locale=”JP” title=”永谷園 たらこ茶づけ 6袋入×5個”]

でもお茶漬けは、永谷園の「たらこ茶漬け」派なんだけどな。