「吉野家」の新作「チキンスパイシーカレー」を食ってみた。

吉野家が新しいカレーを始めたって聞いてさっそく食いに行ってみた。
そういやこの前「黒カレー」がメニューから消えてることに気づいたんだが、水面下で新商品を準備してたんだな。
吉野家の黒カレーもオレは結構好きだ。
特に黒カレーに牛丼の具をトッピングした「牛黒カレー」が好きだな。
黒カレーに変わる「スパイシーカレー」(税込350円)は、4月18日から販売を始めたらしい。
350円はなかなか手頃な価格設定だが、イチオシはタンドリーソースをからめたチキンをトッピングした「チキンスパイシーカレー」(税込550円)だそうだ。
吉野家のカレーは、プレーンなカレーにいろんな具材をトッピングしたメニューがある。
ちなみに牛丼の具をトッピングしたら「牛スパイシーカレー」になる。
メニューを見ていてどうしようか悩んだが、今回はオススメのチキンスパイシーカレーを注文することにした。

運ばれてきたカレーは、メシの上にゴロゴロとチキンが乗ってた。
予想以上にその量は多い。
チキンカレーって言えばカレーと一緒にチキンを煮込んでるケースが多いが、吉野家の場合はあくまでトッピングだ。
だからカレーとの一体感はないが、例えてみりゃカツカレーのカツのポジションも同じだよな。
だから味付けもカレーとは別のタンドリーソースなのかも知れねえ。
カレーをスプーンで一口すくって食ってみたが、コイツがなかなか辛え。
黒カレーもスパイシーだったが、スパイシー具合いじゃこっちの方が上だな。
黒カレーは野菜と果物をベースに15種類のスパイスが加えられてたが、こっちは玉ねぎとチキンブイヨンに27種類のスパイスを加えてるそうだ。
スパイスの量がほぼ倍増。
トッピングのチキンもいい感じだ。
いわゆる「タンドリーチキン」とは全然違うもんだが、塩っ気が強くてこれはこれでうまい。
このカレーはチキンとカレーを混ぜて食うより、「カレー+ごはん」と「チキン+ごはん」を別々で食う方がいい感じだと思う。

吉野家のカレーも侮れねえ。
スパイシーカレー350円なら朝メシにもいいな。
目がすっきり覚めそうだ。
金欠時には選択肢の1つになりそうだ。
ぜいたくを言うなら、カレーに合うキャベツのピクルスや福神漬けとかがあれば最高なんだがな。
別料金でいいから中の人考えてみてくれねえか。
まあ今回はみそ汁とおしんこセットでおいしくいただいたぜ。


吉野家さん、レトルトの牛丼出してくんねえかな。