「Xbox One」を買って次に欲しくなるのはコントローラーのバッテリーだ。

Xbox One Xを買って10日ほど過ぎた。
感想としてはなかなかいい感じだ。
第7世代のゲーム機時代もXbox 360で遊んでたんで、Xbox系にはある程度慣れてる。
今はPS4 ProとXbox One Xを併用してる感じだが、Xbox One使っててどうにかしなきゃなんねえと思ったのはコントローラのバッテリーだ。
PS4 Proのコントローラーは充電式。
その上本体と有線で利用可能なんで、オレは基本的にUSBケーブルでつないだままだ。
だからバッテリー切れになったことはねえ。
それに対してXbox Oneのコントローラーは無線の乾電池式。
ガンガンに遊んでると3日ぐらいで電池が切れる。
もちろんエネループを使ってるからコストは押さえてんだが、電池交換&充電の繰り返しもなかなかの手間だ。
だからなんか解決策ねえかと思ってネットを探してみたら、いい商品を見つけた。

Xbox Oneの乾電池部分にすっぽりハマる充電池だ。
乾電池ケースに置き換えて、コイツをコントローラーにセットする。
結構長いUSBケーブルが付いてきてんのは、本体のUSBポートに差したまま遊ぶことを想定してんだと思う。
得てしてXbox One本体はテレビの近くに設置するし、得てして遊ぶときはテレビからある程度離れるもんな。
ここらへんの商品設計はPS4のコントローラーと似てるから、ほとんど同じように使うことができる。
充電しながら遊べるようになって、電池交換の煩わしさからは解放された。

何が原因かはわかんねえんだが、オレの部屋は無線の飛び具合いが悪い。
Bluetoothのスピーカーもちょいちょい音飛びするから使えねえ。
無線接続なXbox Oneのコントローラーも例外じゃなく、コントローラーにヘッドホンつなぐともちろん音飛びしやがる。
部屋のどこから怪電波が出てるのかは知らねえが、オレのカラダから出てねえことを祈りてえ。
Xbox Oneのコントローラーは結構使いやすい。
PS4のコントローラーもしっくり手になじむが、それ以上にXbox Oneのコントローラーはオレの手にハマる。
コイツも有線で接続できりゃ言うことねえんだけどな。
マイクロソフト的なこだわりがあるのかも知れねえが、オフィシャルで有線接続のコントローラーを出してくれりゃ、オレは一晩中遠ぼえしてもいい。

(2019年5月31日訂正)
Twitterで「コントローラー本体側のUSBと本体をUSBケーブルで繋げば有線になる」ってコメントをいっぱいいただいた。
コメントありがてえ!
Xbox One X本体にUSBケーブルが付いてなかったんで、有線で接続可能だとは思わなかった。
ちなみに充電池側のUSBポートじゃなく、本体側のUSBポートに接続している状態でも、この充電池は充電されるようだ。
なので今日は一晩中遠ぼえすることにする。


容量でけえし有線で繋ぎながらバッテリ充電できるのがいい。