ディアゴスティーニの「自衛隊DVDコレクション」第9巻は第一空挺団50年の物語

ディアゴスティーニの「自衛隊DVDコレクション」の第8巻と第9巻が届いた。
第8巻は「真実のイージス “最強の盾”を支える男達」。
WACの2005年の作品で、イージス艦「こんごう」の艦内に初めてテレビカメラが入って密着取材を行ってる。
そして第9巻は「落下傘の絆 第1空挺団創立50周年」。
創立50周年?って思ったら2008年の作品だった。
てゆかオレこれ昔に見た覚えがある。
ちなみに、オレの中で「レンジャー」のイメージは「野生の証明」の松方弘樹だ。
角刈りの角度がスゴい二等陸佐だった。

本作は第一空挺団50年の歴史を紡いだ作品だ。
始まりは1954年にまでさかのぼるから、記録フィルムも当然白黒フィルムになる。
1954年に福井県の香椎アメリカ軍キャンプで最初の隊員たちが訓練をはじめ、同年20名が初降下。
そして、1955年には習志野での訓練が開始される。
習志野のシンボル的な降下塔ができたのは1958年。
訓練施設が整っていく様子も記録フィルムから見て取れる。
そして1958年に日本唯一の空挺団「第一空挺団」が編成される。

「空挺」って言葉は日本陸軍の造語で、主力部隊から先んじて展開することを意味する「挺進」と「空中輸送」が合わさったものだ。
そして降下には2つの種類ある。
1つは「空挺降下」。
敵の後方に大部隊で落下傘降下し、正面の味方部隊と協同して敵を挟撃する。
「用意、用意、用意、降下、降下、降下」の号令とともに、輸送機から空挺隊員たちが次々と飛び出してくる。
次々と大空で開く円い落下傘は美しいもんだ。
そしてもう1つは「自由降下」。
こっちは敵地の奥深くに潜入し、敵を攪乱妨害することが目的になる。
高い高度から自由落下で接近し、地上近くで落下傘を開いて潜入する。
使用する落下傘は、滑空性能に優れた長方形のスポーツタイプ。
そう、まさに「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」の世界だ。

本作では空挺レンジャー教育課程についても触れられてる。
訓練終了と同時に、仲間と拳をぶつけながら大の大人が泣いてる。
それだけ厳しい訓練だったんだろう、うれしいんだろう。
ホントに頭が下がる。
そんな男たちの姿を見て、涙腺が激しく弱えオレも思わず便乗して泣いちまった。


レンジャーき章はのデザインは月桂樹(=勝者の証)を抱いたダイヤモンド(=しっかり磨かねえと輝きが出ない)。