エンハンスドで美しく蘇ったニンジャガブラックをプレイする。

Xbox OneにあってPS4にないもの、それは後方互換だ。
後方互換に対応した初代XboxやXbox 360のソフトならXbox Oneでプレイすることができる。
アーキテクチャ的には互換性がねえから、エミュレータを使うことになるがな。
なのですべてのソフトが遊べるわけじゃないが、後方互換に対応したソフトは順次増えていってる。
対応リストを見ていたらXbox版「NINJA GAIDEN Black」とXbox 360版「NINJA GAIDEN 2」の名前が挙がっているのを見つけた。
久々に遊んでみてえな。
マイクロソフトストアで値段を見ると、NINJA GAIDEN Blackは1,029円だった。
NINJA GAINDE 2は米国のマイクロソフトストアじゃ売ってるようだが、なぜだか日本のマイクロソフトストアじゃ売ってねえ。
とりあえずオレはNINJA GAIDEN Blackを買ってみた。

これって初代Xboxのゲームだよな。
それなのになんだこの高解像度は。
スクリーンショットを撮ってピクセル確認したら1,920×1,080ピクセルになってた。
フルHDじゃねえかこれ。
初代Xboxの画面解像度ってVGA(640×480ピクセル)だったと思うんだが、Xbox Oneと同じ解像度で動いてやがる。

敵の忍者もくっきりだし、何より壁の質感は十数年前のゲームのものだとは思えねえ。
これってリマスターじゃなかったよなと思って調べてみて初めて知った、「Xbox One X Enhanced」に対応した後方互換ソフトのすごさを。
Xbox One SじゃなくてXbox One Xを買ったのはたまたま予算が組めたからだ。
将来的には4Kモニタが欲しいが、オレの今のモニタはフルHDだ。
Xbox One X Enhancedの仕様は知ってる。
Xbox One Xに特別対応したゲームをXbox One Xでプレイすると解像度やフレーム レート、テクスチャが向上するってもんだ。
だから4Kの美しさは体験できねえが、フレームレートが向上すんならXbox One X買っちまえって思ってポチった。
同じ品質向上は「PlayStation 4 Pro」と「PS4 Pro Enhanced」対応ソフトでも行われる。
だが、Xbox One Xにはさらにオマケがあった。
後方互換かつXbox One X Enhancedに対応した初代XboxやXbox 360のソフトをXbox One Xでプレイすると、Xbox One Xのパワーを使って高解像度化させると言う。
おいおいマジか。

だからリマスターでもねえのにVGA品質だったおっさんもこうなる。
現在販売されてるコンロール機じゃおそらく最強のスペックを持つXbox One Xだからこそできる力業だ。
これってものすごくスゲーんじゃねえか。
Xbox 360の画面解像度も1,280×720ピクセルだから、こいつもXbox One X EnhancedだったらXbox One品質まで引き上げられる。
過去のゲームを現行コンソールで遊べるだけでもありがてえのに、リマスター化するまでもなく現行コンソール品質まで引き上げてくれるんだからもう感謝しかねえ。
予算が組めたという理由で買ったXbox One Xだが、コイツは予想外のプレゼントだ。
日本では絶滅危惧種的なコンソールだが、Xbox Oneはもう少し評価されてもいいと思う。

思えば元祖NINJA GAIDENはもともと初代Xbox用ソフトとしてリリースされたものだ。
NINJA GAIDEN 2も最初はXbox 360でリリースされた。
Xboxが優遇されてた時代もあったな、とオレは遠い目をした。

Xbox Oneを買って次に欲しくなるのはコントローラーのバッテリーだ。

Xbox One Xを買って10日ほど過ぎた。
感想としてはなかなかいい感じだ。
第7世代のゲーム機時代もXbox 360で遊んでたんで、Xbox系統にはある程度慣れてる。
今はPS4 ProとXbox One Xを併用してる感じだが、Xbox One使っててどうにかしなきゃなんねえと思ったのはコントローラのバッテリーだ。
PS4 Proのコントローラーは充電式。
その上本体と有線で利用可能なんで、オレは基本的にUSBケーブルでつないだままだ。
だからバッテリー切れになったことはねえ。
それに対してXbox Oneのコントローラーは無線の乾電池式。
ガンガンに遊んでると3日ぐらいで電池が切れる。
もちろんエネループを使ってるからコストは押さえられてんだが、電池交換&充電の繰り返しもなかなかな手間だ。
だからなんか解決策ねえかと思ってネットを探してみたら、いい商品を見つけた。

Xbox Oneの乾電池部分にすっぽりハマる充電池だ。
結構長いUSBケーブルが付いてきてんのは、本体のUSBポートに差したまま遊ぶことを想定してんだと思う。
得てしてXbox One本体はテレビの近くに設置するし、得てして遊ぶときはテレビからある程度離れるもんな。
ここらへんの商品設計はPS4のコントローラーと似てるから、ほとんど同じように使うことができる。

何が原因かはわかんねえんだが、オレの部屋は無線の飛び具合が悪い。
Bluetoothのスピーカーもちょいちょい音飛びするから使えねえ。
無線接続なXbox Oneのコントローラーも例外じゃなく、コントローラーにヘッドホンつなぐともちろん音飛びしやがる。
部屋のどこから怪電波が出てるのかは知らねえが、オレのカラダから出てねえことを祈りてえ。
Xbox Oneのコントローラーは結構使いやすい。
PS4のコントローラーもしっくり手になじむが、それ以上にXbox Oneのコントローラーはオレの手にハマる。
マイクロソフト的なこだわりがあるのかも知れねえが、オフィシャルで有線接続のコントローラーを出してくれりゃ、オレは一晩中遠ぼえしてもいい。

(2019年5月31日訂正)
Twitterで「USBケーブルで繋げば有線になる」ってコメントをいっぱいいただいた。
コメント感謝!
Xbox One X本体にUSBケーブルは付いてなかったんで、USBはWindows PCで使う時に繋ぐもんだと思ってた。
なので今日は一晩中遠ぼえすることにする。


容量でけえし有線で繋ぎながらバッテリ充電もできるのがいい。

吉野家の新作チキンスパイシーカレーを食ってみた。

吉野家が新しいカレーを始めたって聞いてさっそく食いに行ってみた。
そういやこの前「黒カレー」がメニューから消えてることに気づいたんだが、水面下で新商品を準備してたんだな。
吉野家の黒カレーはオレ結構好きだ。
特に黒カレーに牛丼の具をトッピングした「牛黒カレー」が好きだな。
黒カレーに変わる「スパイシーカレー」(税込350円)は4月18日から販売を始めたらしい。
さらにイチオシはタンドリーソースをからめたチキンをトッピングした「チキンスパイシーカレー」(税込550円)だそうだ。
吉野家のカレーはベースのカレーに具をトッピングしたメニューがあるのが特徴だ。
今回もスパイシーカレーに牛丼の具をトッピングした「牛スパイシーカレー」がある。
メニューを見ていてどうしようか悩んだが、今回はオススメのチキンをトッピングしたチキンスパイシーカレーを注文することにした。

運ばれてきたカレーは、メシの上にゴロゴロとチキンが乗ってた。
予想以上にその量は多い。
チキンカレーって言えばカレーと一緒にチキンを煮込んでるケースが多いが、吉野家の場合はあくまでトッピングだ。
だからカレーとの一体感はないが、例えてみりゃカツカレーのカツのポジショニングに近いと思う。
だから味付けも別のタンドリーソースなのかも知れねえ。
カレーをスプーンで一口すくって食ってみたが、コイツがなかなか辛え。
黒カレーもスパイシーだったが、スパイシー具合じゃこっちの方が上だな。
黒カレーは野菜と果物をベースに15種類のスパイスが加えられてたが、こっちは玉ねぎとチキンブイヨンに27種類のスパイスを加えてるそうだ。
スパイスの量がほぼ倍増。
トッピングのねえスパイシーカレーは350円だから、手軽に楽しめる価格だと思う。
牛丼並が380円、金欠時にはオレの選択肢の1つになりそうだ。
トッピングのチキンもいい感じだ。
いわゆる「タンドリーチキン」とは全然違うもんだが、塩っ気が強くてこれはこれでうまい。
チキンとカレーを混ぜて食うより、オレは「カレー+ごはん」と「チキン+ごはん」を別々で食う方が好きだな。

吉野家のカレーも侮れねえ。
希望を言うならカレーに合うキャベツのピクルスや福神漬けとかもあれば最高なんだがな。
別料金でいいから中の人考えてみてくれねえか。
まあ今回はみそ汁とおしんこセットでおいしくいただいたぜ。