【エースコンバット7】大空を駆け巡るのは気持ちがいい。

オレはどれだけこの日を待ったことだろうか。

かつて「エースコンバット6」と「ビューティフル塊魂」が入ったXBOX360を買ってきたオレは、感動に特殊兵装で胸を撃ち抜かれた。
突然自分の国が襲われるところから始まる物語。
迎撃すべくスクランブル発進して所属不明機を撃ち落としていくも、謎の飛翔体の爆発に仲間がどんどん消えていく。
そして、全滅を避けるためとは言え、首都を放棄して一時撤退を命令された。
兵士として味わったこれ以上ねえ屈辱。
だがそこから先は祖国を取り戻すべく、各地を転戦して奪われた地を開放していく展開だった。
オレたちガルーダ隊がやってくると、地上で戦っている友軍から歓声が上がったりするんだ。
そんなストーリーは、マジで燃えた。
そう、血が燃えた。

あれから10年。
最新のナンバリングタイトル「エースコンバット7」が発売されたとあって、オレは早速ダウンロード版を購入した。
さすがはPlayStation 4、機体の汚れ具合やらテカリ具合などもうまく再現されていて、 全てが美しい。

今回の配属先はここ「IUN国際停戦監視軍」だ。
今の愛機は「F-4E Phantom II」。
「ファントムおじいちゃん」とも呼ばれるこの機体は、アメリカじゃ全機が退役してるが、自衛隊ではF-4Eを改造したF-4EJが現役で日本の空を守ってくれてる。
早期購入特典で乗れる機体なんだが、初期段階で使える機体の中じゃコイツがなかなかいい。
とは言えF-2が大好きなオレは、早くカネためて乗り換えてえと思ってる。

オレのTACネームは「トリガー」。
ハンドガンを咥えたオオカミ?のエンブレムなんだが、スゲえカッコいい。
限定版のコレクターズエディションには、トリガーの刺繍ワッペンが付いてるそうだ。
裏側にベルクロは付いてねえみてえだから、BDUに貼り着けるには一手間必要だが、しまった、コイツは限定版を買っとくべきだった。
ワッペンだけ別に販売してくれねえかな。

これからしばらくは大空を駆け巡る毎日になると思う。
ああ、10年ぶりに血が燃えるぜ。


本音を言やXbox One版買ってエースコンバット6もやりてえが本体がねえ。

阪神百貨店の「おさかな弁当富惣」で「かれい西京焼き弁当」を買ってみた。

「Beef or Fish?」って聞かれたら、オレは迷わず「Fish, please!」と答える。
獣人だからって牛肉派ばかりとは限らねえ。
クマだって川でサケを捕るだろ?

今日の昼メシは、梅田の阪神百貨店のデパ地下「阪神食品館」で探してみた。
JR大阪駅の南、阪神梅田駅の上に位置する阪神百貨店は、元々は戦前に地上4階建てで建てられたものだ。
戦後に8階建てにまで増床され、さらに西側が大きく拡張されて巨大なターミナルビルになったが、10年ちょっと前に建て替え計画が発表され、昨年6月からは新しいビルの第1期部分が営業を開始してる。
ものすごくキレイなビルができてて正直驚いた。
だがデパ地下部分はまだ昔の建物のままだ。

ここのデパ地下は惣菜屋が多いんだが、ほとんどの店で弁当も売ってる。
種類も和食・洋食・中華と選び放題だ。
そんな中で目に止まったのが「おさかな弁当富惣」の文字。
ショーケースを見てみると、焼き魚や煮魚をメインにした弁当が並んでた。
ヤベえ、どれもうまそうだ。
値段はちょっと高めだが、500円台の値札シールを貼ったミニ弁当なんかもある。
いろいろ悩んだ結果、オレは「当店No.1人気」と書かれた「かれい西京焼弁当」(税込999円)を手にした。

オフィスに帰ってフタを取ると、デッカい魚が姿を現した。
真ん中にぶっとい骨があるんだが、ハシで軽くつまんだだけで簡単に身だけが取れた。
不器用な獣人でも楽に食えるゆとり仕様だな。
肉厚の身も柔らかくて、牙で噛まなくてもとろけるように舌の上でほぐれていった。
そう、 これは「とろける」って表現が合ってる。
「西京」焼きってマジで「最強」の魚料理だと思う。
ここ笑うとこな。

かれいに隠れてるが、弁当の中にはちくわの磯辺焼きやナスの揚げ煮なんかも入ってた。
左サイドにはみそ和えが2種類と漬物。
メインは圧倒的存在感の西京焼きだが、総菜類も箸休めにいい。
全体的に、京都っぽい上品な弁当だと言っていい。

今日はいい店を見つけた。
次は煮魚の弁当を食ってみてえ。
真冬だってのに保冷剤まで付けてくれた。
このあたりが百貨店クオリティってとこか。


2~3日漬け込んだ方がうまいんだが、軽く塗って焼くのも悪くねえ。

1月22日はカレーの日だから「インデアンカレー」を食う。

1月22日は「カレーの日」。
その昔、栄養士の団体が1月22日の全国の小中学校の給食はカレーにするぞって決めたことが発祥らしい。
それがなぜ1月22日だったかは調べてみたがわかんなかった。
ちなみに獣人的には、1月21日の「ライバルが手を結ぶ日」の方が気になる。

はじめまして。
オレはこのブログを書いている獣人、コールサインは「BEASTMAN」だ。
種族的にはウェアウルフ。
趣味は人狼ゲームで夜中に村人を噛むことだな。
ブログを書くことにしたのは、仲間の獣人に勧められたからだ。
ここじゃオレがうまいと思ったメシの話や、オレが遊んでるゲームの話、あと、時々サバゲーの話とか書いていきてえと思う。
お付き合いいただけるとうれしい。

カレーの日はカレーを食うべきだろうと思って、オレは昼休みにカレー屋に行ってきた。
獣人も昼間はちゃんと働いている。
大阪の獣人が愛してやまないカレーのひとつが「インデアンカレー」だ。

メシ時だったこともあって店の中は結構混んでた。
ここはゆっくりと食いてえなと思って、オレはテイクアウトすることにした。
テイクアウトには1つだけ注意点がある。
賞味期限が10分だ。
理由はごはんの上にルーを掛けた状態で提供するからだろうな。
テイクアウトのカレーはたいていごはんとルーは別々になってる。
時間がたつとごはんがふやけちまうからだ。
だがここのテイクアウトは必ずごはんにルーを掛けた状態で渡される。
それで賞味期限は10分だ、10分。

フタを取ったら、ゴロっとカットされた牛肉が姿を見せる。
関東だと豚肉のポークカレーがベーシックだと思うが、牛肉文化の関西じゃデフォルトはビーフカレーと決まってる。
で、この肉、スプーンですくって口の中に運んだら、力を入れなくても牙がすっと入ってくぐらいに柔らかい。
ここのカレーの特徴は、辛さが選べねえカレー屋にしてはなかなかの辛さに設定されてるカレーのルーだ。
一口目は「これって甘口か?」って思うぐらいの甘味を舌に感じる。
だが油断してると突然どっと強烈な辛さが喉を駆け抜けてく。
この時間差攻撃にハマる獣人は多いと思うが、辛いのが苦手な個体は注意して欲しい。

カレーライスはビーフカレーな「インデアンカレー」だけで、カツカレーやエビフライカレーと言ったトッピング系のカレーライスは扱ってねえ。
純粋にごはんとカレーのうまさを楽しむ店だ。
あとキャベツのピクルスが付いてくるんだが、コイツもホントうまい。
ピクルスってカレーにマジで合うよな。

インデアンカレーは大阪に7店、兵庫に1店、あと東京にも1店ある。
カレーライスはインデアンカレーしかねえが、ごはんをスパゲッティに変えたインデアンスパゲッティや、店によってはミートスパゲッティとかハヤシライスなんかも扱ってる。
大阪を訪れた獣人は、是非一回立ち寄ってみて欲しい。
絶対、ハマると思う。


オレんちの常備カレーはハチ食品の大辛ビーフカレーだ。