【エースコンバット7】全員遺書を書いてきたって海兵隊員にオレは胸が熱くなった。

あれからいろいろあった。










(以下、ネタバレを含む)










結論から言や、オレはもう1回査問委員会にかけられ、正規軍に復帰することになったようだ。
懲罰部隊と別れる前、バンドッグはオレを「トリガー」と呼んでくれた。
それはたった1回だけだったが、番犬を手懐けた瞬間だったぜ。

オレはコールサイン「スペア2」ことカウントと、正規軍「ロングレンジ隊」に転属になった。
オレの新しいコールサインは「ストライダー1」。
ストライダー隊の隊長だ。
ブリーフィングで、何のために懲罰部隊が作られたのかその種明かしもあった。
無人機の自動邀撃システムがどの程度のもんなのか、実際にオレたちを敵領空に侵入させて迎撃性能を見ていたわけだ。
これまでのミッション、確かに後半にUAV(無人航空機)がやってきてコイツらを撃破する任務があったが、あれはオレたちが一線を越えた結果、敵の自動迎撃システムが動き始めたってわけだ。
オレたちで実験してたのかよって思うが、囚人部隊の扱いならそんなもんだろ。
だが、ハーディング元大統領の乗る機を墜としたのが誰なのかは、もうわかんねえ。
すっきりしねえ気分だが、その分俸禄はずんでくれるなら許す。

正規軍に戻ると、尾翼の3本線が進化してた。
マジか、これはマジですげえな。
犯した罪の重さを表す罪線の意味は失われ、コイツは敵を引き裂く大きな爪が残した爪痕だ。
カッケー、これはマジでカッケー。
最近、敵味方両方がオレのことを「3本線」と呼ぶシーンに出くわすんだが、確かにこの爪痕は目立つぜ。

ミッション14「ケープ・レイニー強襲」。
今日オレは、ストライダー隊を率いて暗闇の中、敵基地を奇襲する任務についていた。
先行するのはオレたちだが、基地を制圧するのは後続の海兵隊「バジリスク隊」だ。
思えばミッション12「ストーンヘンジ防衛」。
近接航空支援を求める戦車隊の要請に、オレは応えきれなかった。
次々と飛来する爆撃機。
そいつらを墜して彼らの元に駆けつけた時には、彼らはもう沈黙していた。
痛え、心が痛え。
地上部隊と比べりゃ、確かに戦闘機部隊の火力は強え。
だが、拠点を死守すること、あるいは奪還することができんのは、あくまで歩兵たちだ。
自らのカラダで戦うヤツらにしか、この任務は全うできねえ。
バジリスク隊はカウントの「その人数で大丈夫か?」って軽口に、「ああ、全員遺書は書いてきた」って答えた。
すぐに「冗談は苦手でな」と返してきたが、それは本当に冗談だったのか。
オレたちはコイツらを絶対死なせちゃいけねえ。

敵戦闘機を殲滅し、地上のターゲットを全て破壊する。
その後の基地制圧は地上部隊の仕事だ。
空にいるオレたちができることは何もねえ。
いや、ホントに何もねえか。
バジリスク隊が近接航空支援を求めた時、彼らは次のように叫んでた。

「大丈夫だ! 上にいるオーシアの2つ頭がなんとかしてくれる!」
「空の連中を信じるんだ!」
「頭を下げてろ! 敵は3本線が始末してくれる」

ストライダー隊を信じてくれたバジリスク隊。
だったら今度は、オレたちが彼らを信じる番だ。
オレはあいつらを信じて、報告あるまで上空を旋回した。

銃声や怒号が飛び交った後、彼らはやってくれた。
ここで涙腺弱いオレはまた泣いた。
彼らのガッツに泣いた。
ここまで感情移入できる作品を作ってくれたバンナムに感謝だぜ。

今日はお前らと酒を交わしたい。
ホントにスゴいのはオレじゃねえ。
銃弾飛び交う中を生身で前進して基地を制圧してくれた地上部隊のお前らだ。
ただオレは、お前らがオレを必要とする時に、空から守れる3本線であり続けていてえ。


今日はバジリスク隊のガッツに乾杯。

【エースコンバット7】仲間が認めてくれた瞬間にオレは涙した。

オレは喜怒哀楽が激しい獣人だ。
映画見て泣くのも珍しくねえ。
マジ泣きするから結構周りヤツからひかれんだけどな。










(この先、ネタバレが含まれる)










ミッション9「顔のない兵士」。
IFF(敵味方識別装置)が偽装され、どの機が味方でどの機が敵かわかんねえ状態になった。
ただ、相手は敵味方を識別できてるようだから、文字通り、絶体絶命の状況だな。
そんな中、同僚の1人がオレの周りに集まれって言った。
オレの周りで編隊組んで、そいつらだけを味方と識別できねえかって話だ。
そして、エースコンバット7の名シーンの1つに数えられるムービーが流れる。

今日、オレは、懲罰部隊444の仲間に認めてもらえた。
同時にオレの涙腺も崩壊した。
エースコンバットの主人公は、本作に限らず、いわゆる「オレ強え!」ってタイプじゃねえ。
任せられた任務を1つ1つこなしていく中で、自然と周りから認められていく道を歩む。
そしていつの間にか、エースパイロットとして慕われてく。
編隊飛行のシーンから流れる「Faceless Soldier」は、エースコンバット7のティーザーでも使われていた曲だが、マジで神曲だと思う。
この曲を背に、オレもエースパイロットへの道を歩き始めた。

そんないい気持ちでいたところに、最後の最後にバンドッグはやってくれた。
フルバンドだけ、IFFの設定が敵のままだったそうだ。
しかもコイツわざとだ。
バンドッグは、フルバンドが基地でいろいろと情報を漁ってることが気に食わなかったようだ。
まあ、IFFを再設定する時、編隊飛行中のフルバンドの位置だけバンドッグが確認したのは「?」だった。
あそこで「最後尾だ」と答えた時に、フルバンドの死亡フラグは立ってたな。
まあ、目の前でフレンドリーファイアされたオレもびっくりなんだが、この高低差でよくミサイル当たったな。
カウントも名パイロットかも知れねえ。


サウンドトラックのリリースが待ち遠しい。

【エースコンバット7】相変わらず職場環境は厳しいがオレは大丈夫だ。

今日も囚人部隊で働いてる。
同僚たちからは前ほど罵声を浴びせられなくなってきた。
だが、まだ仲間の一員とは認められてねえ。
ただオレと一緒に飛んだ正規軍の評価は悪くはねえ。
評価は後からついてくるってもんだぜ。

ミッション7「無慈悲な摂理」。
雷雲漂う作戦区域で逃げてきた正規軍を助けろって言う。
オレは雷が苦手だ。
昔、雷サージでPCとテレビを一度にやられたことがある。
家の近くに雷が落ちると、過渡的な異常高電圧が発生する。
そいつがコンセントを逆流してきて、家電製品を壊しやがった。
その瞬間、オレの部屋には焼け焦げたニオイが漂った。
だから、今は全てのコンセントに耐雷サージのタップを付けてる。

雷雲の中を飛ぶ行為は、言うまでもなく危険だ。
近道する為に雷雲の中を飛べって言うAWACSの指示は、まさにパワハラだって言っていい。
当然機体は帯電するし、そうすれば静電気の固まりだ。
帯電すると機体が紫に光る。
この時パイロットは、自分の腕が発光するのを見るらしい。
そうした電気も、しばらくすれば音を立てて逃げてく。
だが、その際、運が悪けりゃ戦闘機の部品も飛んでくそうだ。
雷雲漂う中を作戦区域に指定したヤツ前に出ろ。


ミッション終了間際、オレに対する周りの態度が変わってきた。
繰り返すが、評価は後からついてくる。
同僚からはまだ仲間扱いされてねえが、仕事っぷりだけは評価されてるようだ。
「大馬鹿野郎」ってのを褒め言葉だと認定すればの話だが。
AWACSのバンドッグは、オレのことを「スペア15」とコールサインでは呼ぶが、TACネーム「トリガー」で呼んだことはない。
犬は主従関係を意識する生き物だ。
バンドッ グ (番犬)を手懐けるのがオレの今の最優先課題のようだぜ。


ELPA エルパ 耐雷サージ機能付トリプルタップ 3個口 A-300SB(W)
朝日電器 (2014-12-05)
売り上げランキング: 502

オレが愛用してんのはコレだ。