靱公園近くのインド・ネパール料理屋「シダラタ」で昼間っからビールを飲んだ。

土曜日の昼間、靱公園近くで昼メシ食う店を探す。
今日は仕事も休みなんで、ビールも飲みてえぜ。
靱公園は大阪・本町近くにある公園で、本格的なテニス場があることで有名だな。
バラ園でも知られてっけど、この時期なら花見スポットとしても人気がある。

靱公園の桜を見ながら北側に抜けてぶらぶらしてたら、「シダラタ」って名前のインドカレー屋を見つけた。
カレーもいいな、ビールに合う、と思いながら店頭のメニューをのぞき込むと、「ビールランチ(税込1,690円)」ってのがあるじゃねえか。
今のオレにこれ以上の選択肢ってあるか?
オレは店の中に吸い込まれた。

カレーはチキン、キーマ、野菜、日替わりから選べる。
辛さの選択はレベル1の甘口からレベル5の激辛まで5段階だ。
もちろんオレはキーマの激辛を注文した。
しばらくすると、まずはビールとサラダが運ばれてくる。

キンキンに冷えたビールがうめえ。
何より昼間っからビールが飲めるってのが最高だな。
しかもランチビールのサイズじゃねえ。
ここのビールランチはビールがジョッキで出てくる。

スマホをいじりながら野菜をもさもさ食ってたら、5分ぐらいたった頃だろうか、でっかいナンとカレーが運ばれてきた。
いつも思うんだが、インドのカレー屋のナンってデカいよな。
ナンは家庭料理だと思われがちだが、実はインドでも外で食うもんらしい。
ナンを焼くにはタンドリーって釜が必要だが、それってどこの家にもあるってもんじゃねえらしいぞ。

スプーンでカレーをすくって口に運ぶ。
はいはい、辛え。
それも結構な辛さだが、ふっくらと焼き上がったナンですくって食えば、オレ的にはちょうどいい感じだ。

ナンをもしゃもしゃ食ってたら、肉系が乗った皿を持ってきてくれた。
タンドリーチキン、シシカバブ、チキンティッカの3種だな。
タンドリーチキンを右手で掴んで(手づかみに左手は使うなよ)かぶり付く。
うんうん、うめえ。
味付けは多分辛いんだろうが、激辛キーマの辛さがデフォルトになっちまってる今のオレの口じゃ、もうわかんねえ。
ビール、カレー、肉、とバランスよく楽しめるメニューだと思うぜ。

普段はカレーを食い終わるまで水は飲まねえようにしてんだが、今回は最初からビールを飲んでたんで、食い終わる頃にはジョッキも空になってる。
追加でもう一杯飲みてえと思ってメニューを見ると、ビールにネパールのおつまみを1つをセットにした「ビールセット」(税込550円)ってのを見つけた。
おつまみの選択肢は結構多いんだが、その中でオレの目に止まったのは「パタンガ」って名の手羽先だ。
炭火で焼くらしいんだが、ネパールの手羽先ってどんな感じなんだろ興味がある。
オレは店員を呼んで、追加をオーダーした。

注文するとまずはビールを持ってきてくれる。
ビールとビールランチの残りを食いながら5分ほど待ってたら、手羽先が2つ乗った皿を持ってきてくれた。

とりあえず1本右手で掴んでかぶり付いて見る。
日本の手羽先とは違ったうまさだな、これ。
皮はパリッとしてるけど、噛めばジューシーな肉汁が口の中に広がる。
ビールに合う、間違いなく合うぜ。

ビールセットで選べるおつまみにタンドリーチキンはないんだが、チキンティッカはある。
ビールは大前提としてだ、カレーやナンも食いたいならビールランチを、肉系のおまみで攻めてえならビールセットを複数オーダーするのもいいな。
本町駅近くでいい店を見つけた。
まあ、ビールランチは休日じゃねえと食えねえけどな。


S&B シーズニングタンドリーチキン 12g×10個
エスビー食品
売り上げランキング: 29,153

手軽に酒のつまみ作りたい時は、コイツを鶏肉にまぶしてノンフライヤーでカラっと仕上げて食ってる。