「Playstation 4 Pro」を買って一番最初にやるべきことはハードディスクの換装だ。

夢を見た。
夢の中のオレは、PS4 Proを無性に欲しがってた。
オレは既にPS4を持ってる。
だが、そんなの関係ねえから買っちまえって夢の中のオレは思った。
だからポチった。
あくまで夢の中の話だ。
だいたいオレの部屋のモニターはフルHDで4Kには対応してねえ。
だから今使ってるプレステ4で十分なハズだ。
なのに次の日、オレの家にはデケえ荷物が届いた。
夢の中じゃねえ、オレは泥酔の中でポチってた。

どうやら酔った勢いで買っちまったようだ。
「PlayStation 4 Pro 1TB」。
少しでも理性が残ってたのか、2TB版を買ってねえのは偉いぞオレって自分を褒めたが、封筒の中を見ると換装用のSSDが入っていやがった。
まあ、PS4 Proには前々から興味を持ってたしいいか。
4K画質は今のところオレには関係ねえが、動画の保存がHD(1280×720)からフルHD(1920×1080)になるのはいい。
あと、フレームレートも安定するって話だしな。

PlayStationを買って一番最初にやるべきことは、ハードディスクの換装だ。
今使っているPS4も500GB HDDから2TB HDDに載せ替えている。
PS4 ProはぜひともSSDに換装してえ。
その訳は HDDとプレステ本体の接続方法 、ドライブインターフェイスにあるんだ。
PS4はSATA2だったが、PS4 Proは実行転送速度がSATA2から倍になったSATA3を採用してる。
だからHDDじゃなくてSSDに換装する意味は十分にある。
とは言え2TB SDDはまだまだ高価で、PS4 Proがもう1台買えちまうぐらいの値段がする。
だから今回は1TBのSSDでガマンだ。
それでも2万円近いカネが飛んでくんだけどな。

PS4 ProのHDDの換装は簡単だ。
換装しても保証期間は変わんねえ。
PS4の時は裏ぶたを外した覚えがあるんだが、PS4 Proは背部にHDDスロットがあって、保護カバーを外せば後はネジを1カ所処理するだけでHDDが取り出せる。
換装できるHDD/SSDは、2.5インチかつ厚さが9.5ミリ以下のものだ。
HDDには3.5インチのものもあるから、買うときは注意してくれ。
3.5インチ買ってきても本体に入んねえぞ。

システムのインストールは公式サイトから再インストール用のイメージをダウンロードして使う。
コイツをUSBメモリに入れて真っさらなPS4 Proを立ち上げれば、セーフモードで動いてシステムのインストールが始まる。
ぶっちゃけそんなに時間は掛からねえ。
ストレージの容量が半分になっちまったワケだから、インストールするゲームは取捨選択が必要だ。
とりあえず今遊んでいるゲームだけをインストールして、セーブデータはクラウドからダウンロードした。
次から載せる動画はフルHDに進化してると思うぜ。


PlayStation 4 Pro ジェット・ブラック 1TB (CUH-7200BB01)【特典】オリジナルカスタムテーマ (配信)
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2019-06-07)
売り上げランキング: 1,010
SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / SSD Ultra 3D / SATA3.0 / 5年保証 / SDSSDH3-1T00-J25
サンディスク (2017-09-08)
売り上げランキング: 1,938

ハードディスクの換装がラクにできるようなったのはいいな。