「ポプ弁」の新作「四川風麻婆たれ焼きチキン弁当」は花椒でシビれるウマさだ。

今日はがっつりメシを食いてえなと思って、ポプラに「ポプ弁」を買いに来た。
ポプ弁はメシが詰められてねえ状態で店頭で売られてる。
つまり弁当の中にはおかずだけが入ってるだけだ。
好きな弁当を選んで持ってレジに持っていきゃ、レンジで温めてくれた後に炊飯器からメシをよそってくれる。
メシは国産米で各店舗で炊いているから、普通のコンビニ弁当とはうまさが違う。
おかずはシンプルで、メインの惣菜+ポテトサラダ+漬物って感じだな。
メシの量は小盛200g、普通盛250g、大盛350g、特盛450gの4段階から選択できる。
特盛を選んだ時だけ、追加料金50円が必要だ。
今回もオレは特盛をチョイスした。

いつも思うんだが、特盛の破壊力はスゲえな。
手に持っただけでずっしりとした重みを感じる。
片側だけ重えから持ったときのバランスは悪い。
これがこれからオレの腹ん中に入るんだぜ。

今回選んだ弁当は新作の「四川風麻婆たれ焼きチキン弁当」(税込580円)だ。
鶏もも肉に四川風の麻婆ダレを絡めて焼いてある。
鶏肉はデカ目にカットされてるから、1つ1つも食い応えがあるな。
ここに別添の花椒をぶっかけて食う。

最近「花椒」っていろんなとこで見かけんだがはやってんのか。
初めてコイツを見たときは読み方がわかんなくて、「カショー?」とかオレ言ってた。
「コショウ」の親戚かよって感じだが、正しくは「ホアジャオ」と読む。
これ掛けて食うとピリピリと舌がシビれんだよな。
少量ぶっ掛けただけでもうオレの舌はマヒしてる。
麻婆ダレの味は花椒のピリピリで上書きされちまったんでよくわかんねえが、おかずとしてはメシが進むいい組み合わせだと思うぜ。

値段は弁当が580円に特盛追加で50円。
ワンコインじゃ収まらなかったが、たっぷりとコメを食って腹いっぱいになれたんだから幸せだ。
午後の仕事が睡魔との戦いにならねえことを祈る。


S&B 花椒(パウダー) 12g×5個
エスビー食品
売り上げランキング: 25,073

たまにマーボー豆腐に入れてみてる。

ポプ弁の「豚バラ大根のほっこり弁当」食ったら腹がぽっこりしっちまった話。

コンビニチェーン「ポプラ」の弁当「ポプ弁」は、メシが入ってねえ状態で店頭に並んでる。
つまり、弁当の中にはおかずだけだ。
客は食いてえおかずの弁当を選んでレジに持ってく。
そして、金払う時にメシの量を選ぶんだ。
選択肢は、小盛200g、普通盛250g、大盛350g、特盛450gの4段階。
特盛を選んだ場合だけ、追加料金50円が必要になる。
精算が済んだら、店員が電子レンジで温めた後に、デッカい炊飯器からメシをよそってくれる。
今日は久しぶりにポプラに来たんで、MAXサイズの特盛弁当を買って帰ることにした。

「豚バラ大根のほっこり弁当」(税込550円)+特盛50円。
甘く煮た豚バラの下に、デッカい大根がごろりと入ってる。
もちろん味もしっかりしみてる。
豚肉もうめえが、この大根がほっこりしてていいな。
他にもポテサラと漬物が付いてるが、栄養バランスが気になるなら生野菜をプラスしてもいい。
特盛にしてる時点で栄養バランスは二の次なんだが。

そしてその後ろには、メシの氷山が鎮座してる。
これって何センチあるんだ?
450gって言や、だいたい茶碗3倍ぐらいの量だぜ。
今日は朝メシ食ってねえから、この量でも今なら行ける。
おまけでふりかけを1個付けてくれるんだが、1個じゃこの氷山は崩せねえな。
買い置きしてたふりかけを2個追加投入して、オレは完食した。

ほっこり弁当って名前だが、オレの腹はぽっこりになっちまった。
だが、がっつり食うメシはうめえな。
お米の国に生まれてきたオレは幸せだぜ。


丸美屋 特ふり しそ風味 2.5g×40個
丸美屋
売り上げランキング: 68,287

昼メシ用にふりかけを大人買いしてる。