陸上自衛隊の中央即応連隊のワッペンは三つ巴マークで神々しい。

数週間前にも書いたが、オレはサバゲーマーでワッペン収集家でもある。
福島の自衛隊グッズ専門店「楯桜」のECサイトを見てたら、中央即応連隊のレプリカワッペンを見つけた。
中央即応連隊は、栃木の宇都宮駐屯地に駐屯する陸上自衛隊の精鋭部隊の1つだ。
部隊スローガンは「俺がやらねば誰がやる」。
海外派遣や国内有事が発生した際は、先遣隊として送り込まれる。
隊員は全員志願制で、その士気や練度も高え。

中央即応連の連隊歌は「魁の誇り」って名だ。
その1番の歌詞には「技を練る」「技を練る」って言葉が出てくる。
大事なことだから2回言ったんだろう。
任務の性質から射撃訓練を重視していて、日本一弾薬使う部隊だとも言われてる。
この連隊歌は公式サイトからダウンロードできんだが、今の時代、Windows Media Video形式はアレなんで、mp4で配信して欲しいところだ。

中央即応連隊のワッペンは、日本の伝統的な文様「三つ巴」をモチーフにしてる。
それぞれの勾玉の中に「中」「即」「連」の文字。
日本の精鋭部隊の意匠として、まさに神々しいと言っていい。
さっそくオレのBDU(戦闘服)に貼り付けてみた。
うんうん、カッケー。
だがこのワッペンを付けてフィールドに行けるほど、オレの射撃練度は高くねえ。
オレも修行あるのみだ。

中央即応連隊のレプリカワッペンを扱ってる店は多い。
ただ、店によっては裏にベルクロが付いてないものもあるから、買う時には確認した方がいい。
ちなみにこの店のワッペンは、ベルクロ付きで税込800円だ。


Amazonで中央即応連隊のステッカーも見つけたぜ。

ミリタリーショップのオンラインストアで「聖ミカエルのラバーワッペン」を衝動買いした。

オレはサバゲーマーだ。
そしてワッペンを集めてる。
ミリタリーな店を見つけては商品を見てまわり、いいなと思うワッペンがあったら買い集めてコレクションしてる。
今回、なんかいいのねえかとネットを物色してたら、北海道のミリタリー用品店「CAPTAIN TOM’S」のサイトであるワッペンが目に止まった。
聖書に出てくる神の軍隊の指導者、聖ミカエルのラバーワッペンだ。
聖ミカエルって言や、兵士、警官、消防官、救急隊員の守護聖人。
力強い腕に握られた剣になびく髪。
そしてその下には「PROTECT US」って文字。
商品写真を見た瞬間にオレは購入ボタンを押してた。

マルチカムカラーとフルカラーの2種類のワッペンがあったんだが、マルチカムの方はタイミング悪く売り切れちまってた。
だから今回はフルカラーバージョンだけ購入。
ワッペンにはベルクロが付いてるからBDU(戦闘服)にも簡単に貼り付けられる。
マジックテープ(クラレの商標)って言った方がわかりやすいかな。
ベルクロもどっかの会社の商標だったと思う。
BDUの両腕や胸ポケットにもベルクロが付いてるから、ここにワッペンや部隊章を貼り付けることができる。
昔はミシンで縫い付けてたそうだから、所属部隊の異動があったりすると面倒だよな。
オレもさっそくBDUの左腕に貼り付けてみた。
左腕に守護天使って想像以上にいい感じだぜ。
このBDUにはマルチカムよりフルカラーの方が合っているかもな。
このオレを痛っいBB弾から守って欲しい。

前回のサバゲ出撃は2018年4月だ。
もう8ヶ月ほどフィールドに行ってねえことになる。
参戦の予定はあったがいろいろあって中止になった。
理由は雨とか風邪とか台風とか地震とか。
特に週末、自然災害的なものに何回か襲われたのはキツかった。
去年はマジでいろいろあった。
今年は銃が錆びる前に出撃してえ。


Amazonで刺しゅうのワッペンも見つけた。