ドーチカのパキスタン料理の店「堂島ムガル」で「タンドリーチキン弁当」を買ってきた。

スペックの話をしよう。
オレはスキルに辛(から)さ耐性を持ってる獣人だ。
だから牛丼にはたっぷり七味唐辛子かけるし、ココイチの10辛カレーも平気で食える。
毛穴からどっと汗は噴き出すけどな。
だが、辛(つら)さ耐性は持ってねえから、優しくしてくれると助かる。

大阪・梅田の地下街の1つ、堂島地下センター(通称ドーチカ)に「堂島ムガル」って名のパキスタン料理の店がある。
昼どきは店先で弁当を売ってるんだが、ここの弁当はどれもスパイシーでうまい。
今日はタンドリーチキン弁当を買ってみた。
ミニカレーが付いて550円。
メシの大盛りは無料で、注文すると炊飯器からよそってくれる。

タンドリーチキンは、でっかいカタマリが2個。
真ん中に串で刺した跡が付いてんだけど、骨は付いていねえ。
だから、タンドリーチキンってよりはチキンティッカって言った方がいいかもな。
いかにも辛そうな色してるが、実際に辛いんだ。
1個食っただけでカラダが火照ってくる。
辛さはオレ認定で、10段階中レベル6ってとこだ。
この色は辛さ由来の食材じゃなく、食紅やウコンで色付けされているそうだ。
今晩は深酒しても大丈夫だぜ。

ミニカレーにはチキンが入ってる。
パキスタンのカレーはトマトを使う印象があるんだが、ここのカレーはインドカレーだ。
ミニカレーなしだと50円引きだが、このカレーをメシにぶっかけて食うのがまたうまいんだ。

梅田周辺の地下街は、その複雑さから「梅ダンジョン」って呼ばれてる。
ドーチカは、その中でも最も南に位置するダンジョンだ。
と言ってもここは高低差のない真っすぐ一本道だから、初心者パーティでも攻略しやすいダンジョンだと思うぜ。
ちなみに梅ダンジョンで迷ったら、最初に潜った場所に戻るのが鉄則だ。
もちろん、戻ることが出来ればの話だがな。


神戸でインドカレーって言や「神戸アールティー」だぜ。