「宮本むなし」でメシのおかわりが自由な「ハンバーグデラックス定食」を食った。

久しぶりに「宮本むなし」にやってきた。
関西を中心に展開している定食屋で、駅前に店を構えることから駅前食堂的な雰囲気を出してる。
今は「和食さと」と同じグループだ。
いつもは「ネギトロ丼」を食うんだが、今日は相当腹減ってたこともあって定食メニューを選ぶことにした。
選んだ定食は「ハンバーグデラックス定食」(税込920円)。
900円台はレギュラーメニューだと、コイツとサーロインステーキ定食の2つしかねえ。

ハンバーグをメインに、エビフライ、唐揚げ、ソーセージ、ポテトフライが熱々の鉄板に乗せられてる。
子どもが喜びそうなメニューだよな。
定食メニューを選ぶ時は、期間限定なメニューかコイツを選んでる。
理由はただ1つ、エビフライが入ってるメニューがレギュラーメニューだとこれしかねえんだ。
オレは、このタルタルソースがたっぷりぶっかかったエビフライが好きなんだが、なぜだかコイツが付いてくる定食はハンバーグデラックス定食しかねえ。
オレこれ日本7不思議に数えてもいいと思うぜ。

定食メニューは、ごはんのおかわりが無料になる。
店ん中にでっかい炊飯器が置いてあるんで、自分で好きな分だけよそうことができる。
やよい軒と同じシステムだな。

メシの供は黄色いたくわん。
席に着くと水と一緒に店員さんが持ってきてくれる。
やよい軒の高菜漬けもうまいが、たくわんも日本人が愛してやまねえソウルフードの1つだぜ。
3杯おかわりしてオレの腹は満腹になった。
たくわんのおかげでホントにメシが進む。

次もきっとオレは、ネギトロ丼かエビフライ目的でハンバーグデラックス定食を食うんだろうな。
宮本むなしの中の人、マジでエビフライ定食を検討して欲しい。


キユーピー 具だくさんタルタル 145g×3本
キユーピー (2018-08-21)
売り上げランキング: 9,127

エビフライは具だくさんなタルタルソースで食いてえ。

「宮本むなし」ではオレはいつも「ネギトロ丼」を注文する。

手軽に定食メニューを楽しむことができる「めしや 宮本むなし」。
関西じゃ馴染みの定食屋なんだが、昔は東京にも出店してたんだぜ。
しかも多くの店が駅前に位置していて、腹減った時に立ち寄りやすい。
まさに「駅前食堂」って感じだ。
元々は大阪の「UG・宇都宮」が展開してたチェーン店だったんだが、今は和食さとと同じグループに属してる。

宮本むなしは値段が手頃な上に、定食メニューならメシのおかわりがセルフで無料だ。
このあたりはやよい軒と似てるな。
やよい軒だと高菜の漬物がテーブルに置いてあるが、宮本むなしはたくわん漬けが用意されてる。
高菜もうめえがたくわんもメシが進むぜ。

どんぶりやカレーはおかわり無料の対象外なんだが、オレはいつもネギトロ丼を注文する。
肉より魚メニューばっか選ぶオレを見て、仲間の獣人はどうやってその肉体を保ってんだと不思議がってるが、魚の栄養価をなめんなよ。

オレの食い方は、ネギトロ丼の上にたくわんを乗せ、そこに別添のわさびを溶いたしょう油をたっぷりとぶっかける。
前にも言ったが、オレは獣医から塩分に気をつけるようクギを刺されてんだけど、そこはナイショで頼む。
食べる直前に、ウズラのたまごを中心に軽くかき混ぜる。
そして口の中に運ぶと、まったりとしたマグロのペーストの中に、時々たくわんの食感が牙に伝わってきて、至高のどんぶりに仕上がってる。
コイツはうめえ。

ウズラのたまごが乗ったネギトロ丼は珍しいが、みそ汁付きで650円なのはうれしい。
コイツにプレミアムモルツ350円を足すと、ジャスト1,000円コースが出来上がるんだ。
コスパ考えりゃおかわり無料な定食メニューの方がポイント高いと思うんだが、どんぶりもメシの量が多いから腹一杯になれる。
幸せな金曜日の夜に乾杯しようぜ。


サントリー ザ・プレミアム・モルツ [ 350ml×24本 ]
サントリー (2017-03-14)
売り上げランキング: 243

プレミアムなビールはプレミアムモルツ派だ。