「屋台DELi」で買った「MR.CHICKEN鶏飯店」の「シンガポールライス」が強烈にうまい。

東京出張にはもう1つ楽しみがある。
それは「屋台DELi」に通うことだ。
作り置きの弁当屋なんだが、売ってる弁当は屋台DELiが作ったものじゃなくて仕出し弁当や料理店のテイクアウト弁当を仕入れたものだ。
だから目移りするぐらい種類も豊富になってる。
店は東京都内に30店舗以上、そして横浜に2店舗、川崎に1店舗。
あと、企業と契約してオフィスビルの中に弁当コーナーを作って売ってることもある。

屋台DELiが扱ってる弁当の中で、東京出張の度に必ず買ってる弁当がある。
MR.CHICKEN鶏飯店の「シンガポールチキンライス弁当」(税込500円)だ。
「海南鶏飯」とも呼ばれるこの料理は、茹でたチキンとその茹で汁で炊いたメシを皿に盛ったもので、東南アジアでは屋台料理としても有名らしい。
この弁当も、インディカ米のジャスミンライスの上に蒸したチキンが盛り付けられている。

弁当の中にはソースが2種類入ってる。
ピリッと辛い赤いソースはチリソースだな。
黒いソースは正体がわからねえんだが、どうやら甘口のソースのようだ。
この2つのソースを鶏肉とメシにぶっかけたら、スプーンでがっつりすくって口に運ぶ。

うめえ。
チキンもうめえがソースが絡んだジャスミンライスが驚異的にうめえ。
粘りっ気の少ねえインディカ米がこの料理には合ってるぜ。
それに正体はわかんねえが、この黒いソースうめえぞ。
量はそんなに多くねえから、がっつり食いてえ時はオレ2箱買ってる。

MR.CHICKEN鶏飯店の店は五反田と北品川にある。
この弁当は五反田店で作られたもののようだ。
実店舗の他にも月曜から金曜まで日替わりで4か所、フードトラックで弁当を売ってる。
屋台DELiじゃ茹でチキンしか扱ってねえが、これらの店だと揚げチキンのシンガポールチキンライスも食えるそうだ。
揚げたチキンもうまそうだな。
月替わりでいいから屋台DELiでも茹でチキンバージョンと揚げチキンバージョンを扱って欲しいと、オレは強烈に希望する。


ヤマモリ ジャスミンライス 170g×4個
ヤマモリ
売り上げランキング: 5,228

レトルトや缶詰のタイカレー食う時とか、レトルト買い置きしてると便利だぜ。