「NINJA GAIDEN 2」のダウンロード版が買えねえから中古ショップで買ってきた。

後方互換を果たしたXbox 360版「NINJA GAIDEN 2」。
スゲー遊びてえんだが、なぜだかオンラインストアでダウンロード版が買えねえ。
いや、正確に言うと、北米ストアじゃ売ってるみてえなんだが、日本の国内ストアじゃ買えねえようだ。
こういう「日本は対象外」ってのはXbox Oneじゃありがちなんだが、もう少し日本のユーザーにも優しくしてくれたらオレは尻尾振るぜ。
NINJA GAIDEN 2はMADE IN JAPANの作品でもあるしな。

仕方がねえからオレは中古ショップで買ってきた。
値段は良品で5,300円。
ちょっとプレミア付いてるような気はするな。
まあ、中古価格がハネ上がるのも仕方ねえか。

後方互換のXBox版「NINJA GAIDEN BLACK」は、Xbox One X Enhancedの効果でとても初代Xboxのゲームとは思えねえほど高画質化してた。
NINJA GAIDEN 2もXbox One X Enhancedに対応してるから、Xbox One Xでプレイすれば同じように高解像度化する。
ヤバいなこの美しさ。
Xbox One SとXbox One Xの価格差は2万円ぐらいだが、2万円分の価値は十分にあると思う。








(この先グロ映像が含まれる)






NINJA GAIDEN 2のレーティングは「Z」だ。
四肢欠損が含まれるから18禁なのは仕方がねえが、さらにエグいのが「滅却の法」の演出だ。
腕や脚を失った敵に対して「強攻撃」を仕掛ければ、哀れな相手にトドメを刺すことができる。
動けなくしてから首をはねてるあたりがエグい。
しかも首をはねるまでの一瞬の間がさらにエグい。
死ぬ前に絶望を与えるには十分な時間だよな。

ステージ1はサクラが咲く夜景が美しい日本の町。
だがコイツらがいたら、花見もジェノサイドと化するようだ。

(2019年6月7日 追記)
日本の国内ストアでもダウンロード版の販売が開始された。
価格は3,672円。
中古価格もそのうち下がってくるんじゃねえかな。


Xbox Oneを買ってオレたちの仲間になろうぜ。