エンハンスドで美しく蘇ったニンジャガブラックをプレイする。

Xbox OneにあってPS4にないもの、それは後方互換だ。
後方互換に対応した初代XboxやXbox 360のソフトならXbox Oneでプレイすることができる。
アーキテクチャ的には互換性がねえから、エミュレータを使うことになるがな。
なのですべてのソフトが遊べるわけじゃないが、後方互換に対応したソフトは順次増えていってる。
対応リストを見ていたらXbox版「NINJA GAIDEN Black」とXbox 360版「NINJA GAIDEN 2」の名前が挙がっているのを見つけた。
久々に遊んでみてえな。
マイクロソフトストアで値段を見ると、NINJA GAIDEN Blackは1,029円だった。
NINJA GAINDE 2は米国のマイクロソフトストアじゃ売ってるようだが、なぜだか日本のマイクロソフトストアじゃ売ってねえ。
とりあえずオレはNINJA GAIDEN Blackを買ってみた。

これって初代Xboxのゲームだよな。
それなのになんだこの高解像度は。
スクリーンショットを撮ってピクセル確認したら1,920×1,080ピクセルになってた。
フルHDじゃねえかこれ。
初代Xboxの画面解像度ってVGA(640×480ピクセル)だったと思うんだが、Xbox Oneと同じ解像度で動いてやがる。

敵の忍者もくっきりだし、何より壁の質感は十数年前のゲームのものだとは思えねえ。
これってリマスターじゃなかったよなと思って調べてみて初めて知った、「Xbox One X Enhanced」に対応した後方互換ソフトのすごさを。
Xbox One SじゃなくてXbox One Xを買ったのはたまたま予算が組めたからだ。
将来的には4Kモニタが欲しいが、オレの今のモニタはフルHDだ。
Xbox One X Enhancedの仕様は知ってる。
Xbox One Xに特別対応したゲームをXbox One Xでプレイすると解像度やフレーム レート、テクスチャが向上するってもんだ。
だから4Kの美しさは体験できねえが、フレームレートが向上すんならXbox One X買っちまえって思ってポチった。
同じ品質向上は「PlayStation 4 Pro」と「PS4 Pro Enhanced」対応ソフトでも行われる。
だが、Xbox One Xにはさらにオマケがあった。
後方互換かつXbox One X Enhancedに対応した初代XboxやXbox 360のソフトをXbox One Xでプレイすると、Xbox One Xのパワーを使って高解像度化させると言う。
おいおいマジか。

だからリマスターでもねえのにVGA品質だったおっさんもこうなる。
現在販売されてるコンロール機じゃおそらく最強のスペックを持つXbox One Xだからこそできる力業だ。
これってものすごくスゲーんじゃねえか。
Xbox 360の画面解像度も1,280×720ピクセルだから、こいつもXbox One X EnhancedだったらXbox One品質まで引き上げられる。
過去のゲームを現行コンソールで遊べるだけでもありがてえのに、リマスター化するまでもなく現行コンソール品質まで引き上げてくれるんだからもう感謝しかねえ。
予算が組めたという理由で買ったXbox One Xだが、コイツは予想外のプレゼントだ。
日本では絶滅危惧種的なコンソールだが、Xbox Oneはもう少し評価されてもいいと思う。

思えば元祖NINJA GAIDENはもともと初代Xbox用ソフトとしてリリースされたものだ。
NINJA GAIDEN 2も最初はXbox 360でリリースされた。
Xboxが優遇されてた時代もあったな、とオレは遠い目をした。